社会福祉士 通信講座

通信講座で資格はとれるの?

社会福祉士は福祉相談業務に関する国家資格で、
毎年受験者の30%程度の方が合格します。

 

そして、社会福祉士になるには、
社会福祉振興・試験センターが実施する「社会福祉士国家試験」に合格して
社会福祉士として登録しなければいけません。

 

その国家試験を受けるためには、受験要件もクリアする必要があります。

 

国家試験の受験要件

・社会福祉士短期養成施設(6ヵ月以上)を卒業する
・社会福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業する
・4年制の福祉系大学で指定科目を修めて卒業する
・2〜3年制の福祉系短期大学などで指定科目を修了したのち、1〜2年以上の相談援助業務に従事する

 

なお、一般の大学・短大から受験要件をクリアするには、
一般養成施設などで1年以上学ぶ必要がありますが、
これには資格スクールの夜間コースや通信講座も含まれます。

 

 

なぜ、通信講座なのか

 

国家試験も大変なんですが、
その受験資格を得るための条件も多く、
その取得に4〜5年かかるというのが一般的です。

 

その上で年に一回の
国家試験を合格しなければなりません。

 

長い道のりのように思えますが、
これを近道する方法が実は通信講座です。

 

前述のように資格取得のためには、
社会福祉士の受験のために必要な単位をそろえることと、
国家試験に合格することが必要です。

 

専門学校や大学では
4〜5年程度の学習と現場での経験が必要になりますが

 

通信講座なら早ければ2年程度で
現場実習を含む必要単位を履修して受験可能になります。

 

通信講座の国家試験対策については、
標準勉強時間が150時間といわれています。

 

これに失敗すると取得が1年以上遅れますので、
十分すぎるほど勉強する方が時間はかかりそうですが実は近道です。

 

通信講座などは要点や
試験傾向が整理されていますので便利です。

 

社会福祉士の資格取得は難しそうですが、
こうした通信講座をうまく利用することです。

通信講座のメリットは?

なんと言っても、一番のメリットは、何と言っても費用が安く済むこと。
大学や専門学校に入学すると、卒業までに200万円以上の費用がかかります。

 

しかし、通信講座ならテキスト代を含めても20万円〜50万円くらいで何とかなります。
この違いは大きいですよね。

 

それから、受験のための条件をそろえるのにかかる期間が短く済むことですね。
早ければ2年以内に国家試験の受験が可能。
通信講座であれば、必要課程を履修し卒業することで受験が可能になります。

 

もちろん、その中でも国家試験対策もバッチリ行なってくれるところがほとんどですので、独学で勉強するよりも国家試験も自信をもって受けることができます。
利点の多い、社会福祉士の通信講座、興味のある方はどうぞ。

通信講座に向いている人

仕事兼用や、忙しくて時間のない人に通信講座は適しています。
社会福祉士は、国家試験を受験するための受験資格が厳しく、福祉系の4年生大学で現場実習を含む所定の単位を履修している、もしくは関連業務で5年以上の実務経験を有していること。

 

または、これに準ずる条件を満たしていることが必要です。
とはいえ、それだけの時間と費用をかけるのが難しい方も当然多いです。

 

しかし、通信講座なら費用も時間も半分以下で必要条件をそろえ、国家試験の受験が可能になります。

 

忙しい社会人や、福祉関係について初めて学ぶ、という方は、通信講座をうまく利用することで字関やお金を節約できるということですね

どれくらいで資格がとれるの?

社会福祉士は国家試験の受験が必要な国家資格。
その受験資格を得るための条件も多く、それを得るためには、4〜5年かかるというのが一般的です。
その時間を短縮するための方法のひとつが、実は通信講座なのです。

 

資格取得に関する時間は大きく、社会福祉士の受験のために必要な単位をそろえるためのものと、国家試験に合格するためのものに区分できます。

 

前者は専門学校や大学で4〜5年程度の学習と現場での経験が必要になります。
社会福祉主事を持っていた人でも実務経験が5年なければ受験できません。
結構実務を大事にする印象がありますね。
通信講座なら早いもので2年内に現場実習を含む必要単位を履修して受験が可能になります。

 

後者の国家試験対策については、標準勉強時間が150時間といわれています。
学生ならまだしも、社会人にはなかなか難しい数字です。
社会福祉士の勉強の要領やポイントがわかっている人の時間であることに注意が必要です。

 

社会福祉士の資格取得には多くの時間が必要です。
トータルで考えると通信講座にメリットが多いのがわかりますね。

通信講座の費用

費用は大きく、社会福祉士の受験資格を得るために必要なものと、国家試験に合格するためのものにわかれます。

 

前者は専門学校や大学なら所定の期間の合計で200万円前後、通信講座ならおおよそ20万円〜50万円と圧倒的に差があります。
ただ、合格率は大学や専門学校の方が高いです。

 

また、国家試験の対策講座については、教育機関、通信講座を問わずおおよそ2万円前後で行なっていることが多いです。
独力で学習するなら1万円もかかりません。

 

このように社会福祉士の資格取得を考える人にとって、通信講座は費用面でのメリットが大きいです。
自分のライフスタイルを考えながら最適な方法で勉強するのが一番ですね。